資格を取得して、配管工としてのキャリアアップを図りましょう!

 

配管工になってばかりのときは、工事を請け負う会社に就職し、そこで実務経験を積むのが良いでしょう。そんな中で、配管工が持っておくと便利な資格は複数存在し、それらを取得することで、仕事で取り扱える業務の幅が広がります。また、資格を持つことで、自分が上の立場になって指示をしたり、より専門性の高い配管工事ができたりするようになります。その結果として、収入の増加にも繋がるため、資格は取っておいても損はありません。長年配管工として活躍している方のほとんどは、様々な資格を取得しています。スキルアップにもなりますし、仮に転職をする際にも資格持ちの方が何かと便利です。ここでは、配管工としてのキャリアアップにつながる、3つの基本的な資格をご紹介いたします。




・配管技能士

・管工事施工管理技師

・建築設備士


以上がこちらで紹介する主要3種類の配管工に関する資格です。


まず、配管工の資格で、もっともメジャーで、入門となるものは「配管技能士」です。

配管技能士とは、給水管・排水管・ガス管、空気清浄装置や冷暖房の換気設備など、建築物の配管工事の技能を認定する国家資格です。この資格がなければ配管工になれないわけではありませんが、「配管技能士」を名乗るにはこの資格が必要であり、実際はほぼ全ての配管工が取得していると言われています。一般的な配管工は「建築配管作業」を受験することになり、石油製造施設やガス製造施設といった特殊な配管作業を行う方は、「プラント配管作業」の技能試験を受けます。資格は初級の3級から、中級の2級、上級の1級まであり、3級では技能試験のみ、2級では技能試験に加えて筆記試験も、そして1級では銅管の溶接作業の技能試験も出題されます。


次に、「管工事施工管理技士」です。この資格は、「施工管理技士国家資格」のうちの1つであり、建設業のうち冷暖房設備工事、空調設備工事、給排水・給湯設備工事、ダクト工事、浄化槽工事、ガス配管工事、衛生設備工事などの管工事の、施工計画の作成や、品質・安全面の管理を行うための資格です。この資格は1級と2級がありますが、受験資格には配管技術士1・2級のどちらかを取得していることのほか、4年以上の実務経験が必要です。

2級の管工事施工管理技師の資格保有者は、一般建設業営業所の専任技術者や、工事現場の主任技術者となることができ、また1級管工事施工管理技師となると、それらに加えて大規模な建設工事の監理技術者になることもできます。



最後に、「建築設備士」です。昨今の空調・換気、給排水衛生、電気等の建築設備は年々高度化し、複雑化しています。しかし、それらの設計や工事の管理を建築士が行うにあたり、専門領域の知識や経験が不足している場合があります。そのようなとき、建築士の要望に応じてアドバイスできる資格というのが、国家資格である「建築設備士」です。大学、短期大学、高等学校、専修学校等の正規の建築、機械又は電気に関する課程を修めて卒業した方、

一級建築士等の資格取得者、または建築設備に関する実務経験を有する方に受験資格が与えられ、筆記試験では法律や規則の問題、実技試験では設計や製図の試験が行われます。非常に合格率が低く、責任も大きいですが、上記2つの資格よりも格上のものであり、これを持つと待遇面でもかなり良くなります。合格難易度の高い資格ですが、配管工としての実績を積む中で、この資格にチャレンジし、合格することで、建設整備士としても活躍の場を広げる事ができるでしょう。


以上3つが、配管工に関わる国家資格のご紹介でした。いつまでも指示を聞いて作業をしているだけでは、キャリアアップは望めません。日々の配管工としての実務経験を生かして、上記の資格にも挑戦しながら、配管のプロとしてキャリアアップ、そしてお給料のアップも図っていきませんか。



■イノテックでは求人募集中


弊社では機械設備のプロフェッショナルとして、専門的な技術や知識を身に付けていただくことが可能です。更に、年2回の賞与や、社会保険・厚生年金の加入、また技術者としてのキャリアアップを図っていただくための資格取得支援(社内規定有)や、退職金制度など、充実した福利厚生をご用意しておりますので、安心して長く勤めて頂けます。